アパート経営

土地を譲り受けたり所有している人たちにとっては、いかにその土地を生かすかに心血が注がれます。それは、土地は所有しているだけで固定資産税などの税金が掛かってくるからです。そこで土地の税金対策として注目されるものの一つにアパート経営があります。現在アパート経営をしている人の中には公務員などと兼業で行っている人も少なくありません。アパート経営には初期投資が大きかったり、運営に何かと経費が掛かるなど失敗のリスクも付きまといますが、家賃収入を得ながらアパート経営ローンの返済もまかなえるという点で利回りの良い税金対策ともいえます。ここでは確定申告や節税の手順などを交えて、簡単にアパート経営に関するノウハウをまとめてみました。

  

アパート経営のノウハウ

sponsored link

初めからアパート経営に精通している人は少なく、むしろ素人から始める人のほうが多いようです。そこでまず一番とっつきやすい方法を挙げるとすれば、ハウスメーカーなどが打ち出しているアパート経営のバックアップを受けるとか、不動産屋に話しを持ちかけたりすることでしょう。
それらの企業からアパート経営に関するノウハウを受け取り、実行に移すのです。そして入居者のターゲットを絞ったり、部屋の間取りや設備を考えたりと、いろんな工夫を盛り込んでゆきます。
またアパート経営において、帳簿の必要性や節税の方法、確定申告の方法など必要不可欠なことを伝授してもらえるでしょう。


アパート経営の税金対策

税金対策にはまず帳簿への正確な記録が必要です。
次に、白色申告をしている人は青色申告に切り替えます。そして、貸借対照表の作成ができるように態勢を整えましょう。これは65万円の青色申告特別控除のために必要だからです。
さて、アパート経営が事業的規模(10戸以上か5棟以上)の場合、青色事業専従者給与をできうる限り支給するようにします。さらに小規模企業共済制度に加入しておくことにより、所得控除を受けることが可能になります。(アパート経営者でも加入できます。)
このように帳簿記録の徹底と、青色申告や共済加入を利用することにより、最大限アパート経営に付きまとう税金をそぎ落とせます。
ちなみに、確定申告は所得の多い少ないにかかわらず必ず行わなければなりません。その際に必要な帳簿は現金出納帳・経費帳・固定資産台帳の3点で、年末の決算書作成に用います。

アパート経営のリスクと利回りについて

sponsored link

アパート経営において最大のリスクは入居者を確保できなかった場合です。アパート経営は初期投資が大きく、長く入居者がなければアパート経営ローンは膨らみ、老朽化に伴う家賃の引き下げは避けて通れません。また修繕費用も掛かってきます。
さて、アパート経営を考えるにあたって失敗談やリスクについては嫌というほど勉強されるかもしれませんが、その利回りについてはどうでしょうか。アパート経営の利回りを見る際には注意しなくてはならないことがあるのです。
年間の収入を購入費用で割ったものが表利回りと呼ばれますが、この表利回りを餌にアパート経営を持ちかける企業があります。ところが実際には固定資産税や保険費用、諸管理費用などを収入から差っぴいた実質利回りでないと、後々「こんなはずでは・・・」ということになり兼ねません。
アパート経営を決めるには、企業が掲げるうまみばかりに気をとらわれず冷静な計算と判断が求められます。


楽天で探す
楽天市場