広告代理店

広告代理店業界は今、広告の分野に特化した求人誌や求人サイトができるほど、その需要は増加している傾向にあります。ですが就職事情を見ると、求人数は増えている傾向にあるといっても、経験のある転職者の受け入れに積極的なのが実情のようです。それも、どのような仕事をしてきたかなどに重点をおいて、かなり細かな採用基準があるようです。求人の職種については営業職が多くを占めており、外資系の広告代理店もひしめく中、英語のスキルを求められたりします。ただし、急速な成長を遂げているインターネット広告代理店に関しては、その背景から積極的な営業職の採用を行っているようです。ここでは、広告代理店の就職・転職事情や、特にその営業職について調べてみました。
  
  

総合広告代理店について・・転職、就職について・仕事内容など

sponsored link

広告代理店の中でも、特に売り上げが上位にランキングされている企業では、経験者の求人に力を入れている傾向があるようです。まっさらからの就職希望者にはかなり厳しい就職口といえるでしょう。採用基準についてはかなり細部にまでこだわったものを持っており、これまでにどのような職種について、どのようなことに精通しているかなどを厳しく見るようです。しかも最近の傾向としては30歳前後であるという採用条件が多々あり、広告代理店の求人数は増加傾向にあると言ってもかなりの難関です。広告代理店側が求める人物像にどれだけマッチしているか、それが最大のポイントのようです。
さて、それでは求人数の多い営業職の実情はどうでしょうか。
キャンペーン回りやプレゼン、CMのコンテ製作にへばりつくなど様々な仕事を担当します。大手広告代理店ほどクライアントとの目線を対等に、それらの仕事をできる空気があるようです。
年収の面では、大手営業マンの例では1000万円も夢ではありません。ただし、仕事はそれ相応のハードスケジュールであるのは言うまでもなく、睡眠時間を取れないこともしばしばあるようです。
繰り返しになりますが、広告代理店は就職するのも難関、仕事に就いてからも難関、でもその分の見返りがとても大きい企業であるということが言えそうです。


インターネット広告代理店について

sponsored link

インターネット広告の業界においては、その就職のハードルの高さはやや低めといった所のようです。それはインターネット広告の急速な成長が背景にあります。特に営業職については積極的に各社とも採用を行っています。しかし、最近の傾向としては求人の際にプラスアルファを求める方向に移行していっているようでもあります。
営業マンは、クライアントとの打ち合わせを繰り返し、社内においては各セクションを取りまとめる要的な存在になります。
また、インターネット広告代理店では営業職もさることながら、ウェブプロデューサーという職種については万年不足状態です。こちらは豊富な経験と総合力の問われることから、なかなかなり手が少ないのでしょう。
どちらにしても、経験がものをいう広告業界にあって、その就職は難関であるということには変わりありません。新卒での就職を希望する人は、なんとしてでも始めの一歩を踏み出し、経験を積んで自分の夢に向かっていくしかありません。広告業界では、転職を繰り返しながら自分の価値を高めていくという姿勢も珍しくないようです。


楽天で探す
楽天市場