情報起業

ここ数年、ネット上で頻繁に見かけるようになった「情報起業」ですが、中には詐欺に近いものもあり、騙されたという被害者の声もよく目にします。情報起業は、自らの経験や仕入れた情報などを商材にして、mixiなどのサイトを使ってアフィリエイトし、購入者を掴みます。中には情報商材をレビューしているサイトもあります。また最近ではパソコンのみならず携帯でもアフィリエイトが広まってきました。
  
  

情報起業の商材について

sponsored link

情報起業とは、主にインターネットを通じて情報商材を販売することをいいます。何を商材にするのかというと、ずばり情報起業家本人の経験や、知り得た情報です。「たった〜するだけで、いくら儲かる」や、「1日〜分〜するだけで、簡単に〜できる方法」といった感じです。それらを書籍やDVD,CDなどにまとめたものを売りつけるわけです。ですが、その品の質良し悪しは購入してみないと分からないということで、中にはいい加減な内容のものや、誇大広告であるものもたくさん存在します。


騙された!情報起業と詐欺被害

経済産業省に悪質な情報商材についての相談が後を絶たなくなったのは2007年ころからだそうです。つい最近の話ですね。
情報に関する宣伝が嘘であれば法律に基づいて返金を請求できるものの、情報起業家の住所そのものが架空であるケースが多く、被害者はそのまま泣き寝入りということになります。さらに酷いのは、情報起業に騙された人たちが自らの損を取り戻すために誇大広告を打って悪質な情報商材をばら撒くことです。そうして被害の輪はどんどん広まっていくという、最悪の負の連鎖もあります。

情報起業とアフィリエイト

sponsored link

情報起業家が購入者を捕まえる主な手段いアフィリエイトがあります。
まずサイト閲覧者に興味深い見出しを載せたリンクをクリックさせ、開いてみたら情報起業特有のセールスレターが大きな文字で書かれており、ついつい引き込まれて最後の情報商材の金額まで読まされてしまいます。
中には数万円する情報商材もありますが、このところの傾向は1000円台からの手の出しやすい金額設定を多く目にします。また、さも値引きしているように表示していたり、あと何時間経ったら値上げされますといった閲覧者をあおる手法が目立ちます。(結局のところ、それ自体嘘であったりします。)
ネット上には情報起業家とアフィリエイターと購入者の架け橋になる専門のサイトもあり、まだまだ熱は覚めやらぬといったところでしょうか。更に2006年ころからは携帯アフィリエイトも本格的になってきています。


楽天で探す
楽天市場