週末起業

不況に喘ぐさなか、週末起業を考え始める人も少なくないのではないでしょうか。週末起業は、サラリーマンを続けながら週末やアフター5にインターネットを利用して別のビジネスを行うことです。雇われての仕事ではないので副業とは異なります。週末起業にはまずネタ出しから始まり、その後の税金に関する知識まで必要になってきます。特に確定申告は、サラリーマンをしているだけでは縁のないものですね。昨今、ユーキャンなどの講座や起業セミナー、行政書士による週末起業の手ほどきなども見かけるようになりました。週末起業について少し調べてみました。
  
  

週末起業のネタ出し

sponsored link

週末起業を考える上で、最も重要になってくるのがはじめのネタ出しです。ここでコケてしまってはビジネスは成り立ちません。そのネタ出しですが、ネタが尽きてしまってはビジネスは長続きしませんので自分の興味のある分野が良いでしょう。ある物事に照準を定めたら、それが時流に合っているか、収益は見込めるか、持続できるかなどの点で検討してみます。
週末起業のネタの出し方については、セミナーやネット上でも情報を得ることができます。一番のポイントはやはり時流に合っているかどうかだと思われますが、自分の目と耳で情報を集めるのが一番良いでしょう。


週末起業の確定申告

サラリーマンをしているだけでは、なかなか確定申告の会場に足を運ぶ機会はありませんよね。ましてや確定申告のルールや作成ともなると、税金の分野が苦手な人には気が重いことかもしれません。ですが、どんな税金素人の人にも分かりやすいように説明はなされています。慣れれば何でもなくなります。
基本的なルールだけ述べますと、週末企業をしている人で確定申告の義務が生じるのは、所得が20万円以上になった場合です。週末起業での収入−週末起業に際して掛かった費用=所得となります。ですので、確定申告を正確に行うためには、ひと月ごとの収支を簡単でもいいですから帳面につけておかなくてはなりません。

週末起業のセミナーについて

sponsored link

週末起業のノウハウを得るには、ユーキャンなどの講座を受けたり、主に東京などの主要都市で開かれるセミナーに参加するのも有効です。たくさんのサイトから情報を得ることもできますが、自分でお金を支払ってノウハウを学ぶのとは力の入れ方が違ってくるはずです。また、内容も充実しているようです。
その費用ですが、セミナーへの参加だと一回につき数千円掛かるようです。ユーキャンのような講座になりますと数ヶ月の学習期間がありますので、費用も数万円になります。
講座の内容ですが、週末起業についての心構えからネタの出し方、ネット運営の仕方、リスクについて、税金についての知識、顧客への対応法などが学べるようになっており、サポートも受けられるとのことです。セミナーでは細かなサポートを受けられることはあまりないようで、講師からのレクチャーを受けるのが主です。
両方に言えることは、どれだけ週末起業に対して本気度を高められるかが一番のポイントでしょう。また、それがあっての講座ありきと言えるかもしれません。


楽天で探す
楽天市場