アウトソーシング

アウトソーシングとは、企業内の業務の一部を外部の会社に委託することをいいます。日本では90年代から急速に普及しており、自社内でなかなか効率をあげることのできない業務を、例えば福利厚生アウトソーシングや営業アウトソーシング、給与計算アウトソーシングといった企業に委託します。ここでは、その草分け的存在のNOC日本アウトソーシングという企業の紹介と、各業務におけるサービス内容を調べてみました。
  
  

アウトソーシング業界の先駆者、NOC日本アウトソーシング

sponsored link

労働人口の変化に伴い人材確保の重要性が叫ばれる中、NOC日本アウトソーシングは、総合的なアウトソーシング分野の草分け的存在です。アウトソーシングにおいて総合的にサービスを提供するには、専門人材、業務ノウハウ、最先端システム技術の3大要素が必要性だと唱え、今なお戦略を推し進めている企業です。
サービスのラインナップは・・・給与計算、人事、総務、経理、業務、営業、教育・研修・eラーンニング、インターネットを通してビジネス用アプリケーションをレンタルするASPサービス、情報セキュリティサービス、人材派遣・・・のアウトソーシングです。こういった総合アウトソーシングに依頼するメリットとしては、上に挙げた個々の業務をこなしコスト削減につながるだけでなく、業務の分析から運用方法に至るまで一連をカバーできるところです。
どこからどこまでをアウトソーシング会社に依頼するかで費用は変わってきますので、導入前の綿密なヒアリングが必要です。


アウトソーシングと福利厚生

企業にとって福利厚生とは、優秀な人材の確保や従業員を含めた家族の充実を考える上でとても重要な制度です。しかし個々の企業が福利厚生のサービスや施設などをそろえるのはかなりの費用負担になります。そこで有効なのが福利厚生アウトソーシングという方法です。
企業側にとっては手間をかけることなく充実した福利厚生制度を用意することができますし、従業員側にとっても全国レベルのアイテムを簡単に格安で利用できるのです。内容は、スポーツクラブなどの健康支援から育児・介護、自己啓発支援、リゾート、その他レジャーなどが豊富に揃っています。また、それらについての情報をガイドブックやサイトなどで発信していたり、会員とアウトソーシング会社側の直接やり取りになっていたりと、利用しやすさにはかなり配慮されているようです。
福利厚生アウトソーシングの費用については、入会金+社員数分の会費という形になっているようです。また社員数が増えるごとに割引が効くところもあります。

アウトソーシングと営業

sponsored link

営業アウトソーシング会社によって、サービスの幅は異なります。いわゆる売り子としての営業マンを派遣するのが主のところがあれば、営業部をコンサルティングまでできるところもあります。どちらともアウトソーシング会社の社員が顧客先に入っていくわけですが、営業部員を採用する段階においてもコスト削減になります。さらに、人件費も時給をアウトソーシング会社側に支払えばよいだけのところもあり、年間を通してかなりの節約になるでしょう。
ただし、派遣社員に対する能力などに感知せず採用を行った場合に、かえってコストパフォーマンスの悪い状態に陥るケースもあるので、依頼者側の業者に対する専門知識やチェックの目は必要です。


楽天で探す
楽天市場