コスト削減

コスト削減について、その方法やアイデアはたくさんあります。オフィスでは家賃コストの削減、IT企業などでは通信費の削減が考えられ、その他にもファミレスでは、病院では、物流の業界ではそれぞれの手法が考えられるはずです。ここでは事例も交えて様々なコスト削減法を探ってみました。
  
  

物流コストの削減

sponsored link

企業にとって物流会社を選ぶ作業はコスト削減への第一歩です。よく調べないで依頼したばかりに、こんなはずでは・・・ということも少なくないようです。
まずは物流会社の理念を知り、しっかりとした定義書を作成し、一緒に会社を創っていく意識を確認して、試用から始めてみます。そして最後に契約書を交わします。
物流においてのコスト増は、納品遅延、欠品、現品管理の難しさによる場面で見られます。それぞれ、物流のやり直しや在庫分のロスにつながります。物流コスト削減については専門のサイトやコンサルティング会社も立ち上がっていますし、中小企業庁からはパンフレットなども作成されています。失敗の事例を踏まえたコストの改善を目指したいものです。


ファミレスのコスト削減

ファミレスなどの飲食店においては、食材がコスト削減の鍵を握っているでしょう。しかし、ただ安価な食材仕入れルートを開拓するだけでは足りません。少ない人材を効率よく回すために、仕込みの手間などを省かせるカット野菜の利用が一つあります。必要な分だけを業者に発注することができるので過剰在庫を防ぐことや、生ゴミの処理費節約にもなります。仕込み場における作業の効率は2,5倍になるという会社もあり、人件費の削減にもつながります。
しかし、人が口にする食事のことなので食材にあまりコスト削減を求めてしまうと、安っぽい料理に落ち着きがちなのは否めないところです。それでは結局他社との競争に勝てなくなってしまうことから、多彩なメニューを作成したり調理面での工夫が求められます。

病院でのコスト削減

sponsored link

病院経営では、人件費や食材費、その他多くの面で経費が掛かります。
様々なコストの項目を作成し、原価を入れ、単価の見直しを行うコンサルティングにより、とある地方の中核の病院では研修やヒアリングがなされました。そして職員のコストに対する意識の変革に成功しました。同時に職員のモチベーション向上も図れ、結果的に年間およそ100万円のコスト削減につながったという病院もあります。
病院経営のように様々なコストの課題を有する場合、まずはそれらを徹底的に洗い出し、削減に向けて職員の意識変革から食材の仕入れルート、患者に対するサービスのあり方まで幅広く改革していかなくてはなりません。病院経営の難しさと患者増大という悪循環の社会において、存亡をかけた経営陣のコスト削減対策が求められます。


楽天で探す
楽天市場