家事代行

2007年の家事代行サービスが占める市場規模はおよそ1700億円となっています。業界ではダスキン、ベアーズなどの会社が代表格で、そのサービス内容は、料理、洗濯、掃除・・など一般的な家事をトータル的にカバーしています。ダスキンのように掃除や洗濯などに特化していて、食事のサービスは実施していないところもありますので、利用前には調べておかなければなりません。ここでは、家事代行サービスの各大手会社について、求人情報や、口コミ、評判、料金などを調べ、比較してみました。

家事代行サービス「ダスキン」の場合

sponsored link

ダスキンは、業界シェアトップクラスの会社です。様々なサービスを行っている中で、家事お手伝いサービスというのが家事代行に当たります。内容は掃除、洗濯、食器・器具洗い、その他アイロンかけや布団干し、買い物・・・などなど多岐に渡っており、食事の用意だけは除いて、他にも相談の上引き受けてくれるサービスがあるようです。そしてトレーニングを積んだスタッフにより行われます。
ただし、ダスキンの家事代行サービスは基本的な定期利用をお願いしており、スポットの料金も用意されていますが場合によっては請けられないこともあるようです。料金はエリアにより違い、週1〜5回または2週間に1回のペースで2時間当たり5,250円〜8,400円です。スポット利用では7,350円〜10,500円となっています。
ネット上での口コミを見る限り、ダスキンに関しては賛否両論というところでしょうか。専門分野がありますから、家のお掃除に関しては腕が立つかもしれません。
>>メイドの家事代行、家政婦コース


家事代行サービス「ベアーズ」の場合

ベアーズは、ダスキンに比べ家事代行サービスにおける専門性が高いようです。内容は、日常の家事全般から子供の送り迎え、食事の用意などもこなします。掃除のみの依頼だと料金は格段に安くなり、またトレーニングを受けたスタッフの中でも優秀者による家事サービスの場合には時間当たりの料金が倍以上になったりします。お勧めされているプランが、家事をオーダーメイドできるタイプで、料金も標準的なものです。
この会社でも特別なトレーニングを積んだスタッフがサービスに当たり、料金は掃除中心プランでは1時間2,350円から、家事全般を優秀なスタッフによって行われるプランは1時間6,500円から、標準的なプランでは1時間3,300円からとなっています。
ネット上でこの会社についての口コミを探すのはなかなか難しいようですが、最近は雑誌などにもとり上げられており、注目度は高いようです。

家事代行サービスの求人

sponsored link

市場規模でその存在を大きくしている家事代行サービス業ですが、この背景には共働き世帯の増加があるようです。それゆえ、求人の需要には事欠かないようで、学歴などはあまり気にせず応募できます。パートやアルバイト、女性に特化した会社などもあり、またフランチャイズ店の募集や店長の募集など、どちらかというと女性向きの市場であるようです。比較サイトなどもあり、ネット上で簡単に十数社の求人情報を見ることができるので、比較の際に利用してみると良いでしょう。


楽天で探す
楽天市場