電話代行

電話代行とは依頼者の代わりに電話の応対などを行うことで、秘書代行とも呼ばれます。研修によって電話業務のノウハウを身につけたコールスタッフが、24時間体制で応対に当たります。英語などの外国語による代行や、便利屋によるちょっと相手に伝えづらい内容の電話の代行、競争率の激しいチケット獲得のための電話代行など様々な業者があります。電話代行は企業などから依頼を受け、コールセンターを設置して一手に外部からの電話の対応に当たるのが一般的で、格安なところでは月々数千円から請け負っています。外国語による対応となると、安いところでも1万円は下らないようです。ここでは、各業者の内容を調べ、料金などを比較してみました。
  
  

格安電話代行

sponsored link

電話代行は、応対する時間帯や週末を含むか含まないか、そしてコール数の上限に応じて月づきの料金が設定されます。平日のみの応対の場合安くて1万円弱のところが多いようですが、各業者に特色があり、様々な応対メニューが用意されています。
この格安の電話代行を利用するには人件費の削減が主な理由に挙げられます。たとえば、電話応対のための事務員を一人雇っただけでも月々十数万円から給料を支払わなくてはなりません。これに対し電話代行を利用した場合、どんなに高くてもひと月1万数千円ですむのですから、桁違いです。
今や電話代行は応対だけにとどまらず、受注や予約の応対はもちろん、クライアントへの連絡にしても携帯やメールなど様々なツールを用意するなど、一体感を持たせようとできうる限りの努力をしています。


便利屋の電話代行

特色のある電話代行に便利屋による代行があります。この電話代行は、直接電話しづらいようなときに代わりに行ってくれるサービスです。
例を挙げると、クレーム電話を入れたい、会社を辞めたい、飲みに行くためのアリバイを作りたい、友人を装って恋人の有無を確認してほしい・・・などなど、演技もまじえた電話代行を行ってくれます。
安いところでは一件3千円から、高いところでは1件あたり1万円弱が相場のようです。便利屋だけに、なかなか特色のある依頼が多いのですね。

チケット予約の電話代行

sponsored link

電話代行には、チケット獲得に特化した業者もあります。要するに取りづらいチケットの予約電話を代わりに行ってくれるわけで、予約専門のコンピューターを備えた業者や、回線やテクニックに賭けている業者などシステムは様々です。
代行料金については入会金を取る業者もいくつかあるようで、その他にチケット獲得の成功報酬として1枚もしくは1件当たり千数百円から支払うかたちになります。難易度の高いチケットに対してのコースを設置した業者もあり、そうなると報酬だけで数万円から掛かったりします。もちろん成功報酬ですので、取れなかった際にはどこも無料にしています。
どうしても聴きに行かなければならないコンサートがあったら・・・利用してみても良いのでしょうか・・・。
会社としては多少ギャンブル性のあるところが面白い業者ですね。


楽天で探す
楽天市場