税理士事務所の求人

税理士事務所や会計事務所では、雑誌やネット上などで新卒者や未経験者、資格取得者などを対象に求人広告を出しています。税理士資格は科目合格制を採用しており、一度で合格する人もいれば毎年少しずつ科目合格を果たしている人もいます。そのことを踏まえて、税理士事務所と会計事務所について求人事情などを探ってみました。
  
  

税理士事務所と会計事務所の求人

sponsored link

まず会計事務所という言葉についてですが、これは通称であり、その中に税理士事務所や公認会計士事務所が含まれています。
さて、会計事務所としての求人内容を見ますと、資格としては税理士資格や税理士試験合格者、無資格でも応募できるところがあります。税理士事務所としての求人も内容的には会計事務所と同じで、税理士有資格者や試験合格者、簿記検定合格者や資格を持たなくても応募できるところがあります。
どちらの事務所とも業務の得意分野がありますから、中には社労士や公認会計士、司法書士の有資格者を募っているところもあります。


税理士事務所の未経験者の求人

税理士事務所では未経験者の求人もよく見受けられます。資格の条件としては税理士有資格者や試験合格者に次いで多いのが、簿記検定合格者です。
業務内容は各事務所のカラーがあり、大手企業の税金対策や顧問税理士、会社設立の補助などさまざまです。そこで各事務所とも会社案内には有資格者が何人いるかとかスタッフの紹介を載せています。税理士事務所には必ず税理士が1人は設置されており、その他については例えば「監査担当」「経理担当」「スタッフ」などというように分けているようです。
未経験者の求人といえども、有資格者とそうでない人との賃金ではもちろん差があります。

税理士事務所の新卒者の求人

sponsored link

税理士事務所の新卒者に対する求人は、税理士試験合格者や簿記検定合格者など様々です。事務所の業務カラーによっては何の資格を持たなくとも新卒で採用しているところもあります。もちろん採用を決定する際にはその志望動機が大きなポイントになりますから、たとえ無資格者の求人だとしても会計業務に関する知識や関心は問われるでしょう。
また、新卒者の採用で正社員の場合でも、初めの賃金はあまり高くはないようです。一般のサラリーマンとあまり変わりません。そこに試験合格や資格取得が加わることで昇給に差が出てくるのだと思われます。


楽天で探す
楽天市場