税理士事務所

税理士事務所での募集は必ずしも有資格者とは限りません。その就職形態は様々で正社員からアルバイトの採用まであり、また異業種からの転職なども受け付けています。無資格者の応募の場合、その志望動機が大きなポイントになるのはいうまでもないことです。税理士事務所における求人事情について調べてみました。
  
  

税理士事務所の就職事情

sponsored link

税理士事務所では、税理士有資格者や公認会計士、社労士、司法書士、簿記検定合格者など必要としているところもあります。ですが実際は有資格者にとっても狭き門のようです。ほとんどの事務所には税理士が1〜3人くらい設置されており、他のスタッフは試験合格者や簿記検定合格者などが占めています。狭き門ですが、学歴はあまり求められず、それよりも志望動気やどれだけ会計について勉強を積んでいるかが採用の鍵となるでしょう。


税理士事務所への転職

税理士事務所への転職を考えるときに、持っている資格を生かした転職先として応募する人もいます。上に挙げたような会計に関する高度な資格を有している人はもちろんのことですが、その場合には口利きによる、いわゆるコネの転職が多いようです。他に、簿記検定合格者などは税理士事務所への転職が有利になるでしょう。
ですが、税理士事務所への転職を考える人は異業種からもたくさんいます。いくつかの企業を回った末、会計業務に興味を覚えて・・・などの理由で、特に資格を求めていない事務所への転職を目指します。
賃金は、転職であっても有資格者については一般サラリーマン以上が望めたりします。正社員やアルバイトを交えたスタッフの構成の事務所も結構あり、応募する側にとっては事務所を選ぶ際のひとつのポイントとなるでしょう。

税理士事務所の採用基準

sponsored link

有資格者であれ資格をこれから取得する人であれ、税理士事務所への就職には志望動機の明確化が必要です。例えば経理の勉強がしたいからとか、税理士を目指しているからという志望動機は、向上心の旺盛さはアピールできるかも知れませんが、「なぜそこの事務所でなければだめなのか」という点を明らかにしていません。それを採用担当者に伝えるには当然、その事務所について深く知っておく必要が出てくるでしょう。その事務所の方針、業務の特色、また在職中のスタッフに関することなど、具体的な内容を示すようにしましょう。


楽天で探す
楽天市場