決済代行

決済代行は、小売店と顧客間でのクレジットカード決済やコンビニ決済を、クレジットカード会社などが小売店からの依頼により代わりに行うことです。その決済代行業者のリーディングカンパニーとして国内ナンバー1といえば、GMOペイメントゲートウェイ鰍ナす。クレジットカード決済や電子マネー決済など、あらゆる決済手段を備えています。他にもクレジットカード決済代行の潟[ウスなどがあります。最近では携帯をお財布代わりにもできる電子マネー”Edy”が登場し、またネットショップの展開でも多様な決済方法は欠かせない存在となっています。主な代行業者を例に様々な決済方法の中からいくつか取り上げて、内容を比較してみました。
  
  

クレジットカードによる決済代行

sponsored link

今や13,000を超える店舗サイトと契約を結ぶGMO。業界ナンバーワンのクレジットカード決済代行です。決済代行には国際クレジットカードの5大ブランドを採用しており、VISA、マスターカード、JCB、ダイナーズクラブ、アメリカンエクスプレスがそれです。
ネットショッピングではその決済の60%前後がクレジットカードで行われるということが分かっています。また、ある調査によれば、消費者がネットショッピングの最後に決済方法を決める場面で、希望の支払い方法が見つからなかった際には他の店舗に移るというのです。このことが明らかになった今、いかに決済の幅を広げておくかが販売力の鍵になることは間違いありません。
そこでGMOはクライアント獲得のため、各クレジット会社ごとの審査や加盟店契約という煩わしい手順を端折り、クライアントとGMOが直接契約を結ぶだけで決済代行のサービスを受けられるようにしました。これにより、末端のお客にも満足の行く決済方法を届けることに成功しました。


決済代行と電子マネーedy

Edyとは、お金をチャージしておくプリペイド型の電子マネーのことです。日本での累計発行枚数はおよそ4,390万枚で、カード型のみならず携帯電話での”お財布ケータイ”としても利用できます。始めに審査などは不要で、子供に持たせたとしても安心なほどと言われています。
使い方は、店舗に設置されている専用端末にタッチするだけなのでとてもスマートな決済を実現しています。提携先は日本全国でおよそ82,000箇所、実際の店舗以外にもネットショッピングやゲームで使うこともできます。さらに、決済の利用ごとにポイントを貯めることもでき、貯まったポイントで様々な特典を得られるのが特徴です。

コンビニ決済代行

sponsored link

コンビニ決済とは、ネットショッピングや通販などで買い物をした代金をコンビニで専用用紙にて支払うことです。ネットショッピングの決済方法としてはクレジットカードに次いで人気のあるもののようです。ですが、ネットショップにおける普及率はというと10%程度ということで、その導入の煩雑さに原因はあるようです。
決済代行の料金は、月の処理回数により数千円から数万円と差は大きく、請求書発行の有無や払い込み票についても別途に費用が掛かります。ほとんどのコンビニで利用可能で、郵便振替もでき、代表的なものではペイジーなどがあります。
支持率の高さの背景には、やはり銀行などよりも設置数の多いコンビニが利用できるからということがあるでしょう。また、年配の方などには比較的分かりやすいシステムでもあるということも言えそうです。


楽天で探す
楽天市場