行政書士の求人

行政書士の求人では、事務所などで正社員での採用も行われています。未経験者を採用してくれる事務所などもあり、中には、司法書士や税理士などを一手に抱える大きな事務所からの求人があったり、国際業務を専門とする事務所からは英語のできる行政書士が募集されています。もちろん行政書士補助者も行政書士の求人と合わせて募集されています。また、セミナーや学校からは行政書士が講師として採用されるなどしています。ここでは、行政書士の求人事情について調べてみました。
  
  

行政書士の正社員の求人

sponsored link

行政書士法人や法律事務所などから、正社員として行政書士の募集がかかっているのを目にします。しかし昨今、行政書士などの士業を営む事務所は大変な岐路に立たされており、これからさき生き残りを賭けるには、職員の数を増やして大事務所化を図るなどしないと、とてもやっていけないそうです。そのような状況の中、行政書士の正社員として採用されるからにはどれだけ顧客を集められるかに存在価値があるといっても過言ではないのが現状のようです。事務所の中の一正社員といっても、個人個人が独立して顧客を集められなければならないのです。
事務所の専門分野によりますが、どれだけその分野に精通しているか、そしてどれだけ集客力を持っているか、その将来性によって採用か否かが分かれます。反対にいえば、あまり学歴や過去の栄光にとらわれない採用基準を持っている事務所が結構あるということです。
どちらにしても行政書士社員として働く道は、依然として険しいようです。


行政書士補助者の求人

行政書士補助とは、主に行政書士資格の取得を目指しながら行政書士のアシスタントとして事務所などで働く人のことを言います。行政書士の仕事は書類作成がほとんどで、取り扱える書類は1万種類以上もあります。その書類作成の補助を行うわけです。 ネット上などで求人情報を見ることはできますが、残念なことに、今現在ではあまり数はないようです。あったとしてもすぐに埋まってしまっているかのように、締め切られています。有資格者であったとしても就職がままならない中、当然なのかもしれません。 さて補助者の場合の給与ですが、正社員では一般のサラリーマンの初任給とあまり変わらないようです。パートやアルバイトの求人もあり、その場合では時給1,000円前後といったところでしょうか。

行政書士講師の求人

sponsored link

行政書士の資格を有する人や実務の経験がある人などを対象に、事務所内での実務研修のために募集がかけられていることもあります。教材の製作に携わったり、講義を行ったりすることが仕事です。報酬については、一回につき〜万円というカンジで支払われたりします。
他に、例えば行政書士実務研修センターというところがあり、そこでは実際の書類や案件を使って実務を習得できます。その講師が募集されていたりするわけです。そこでは、どの授業を受けたいかが細かく分かれており、個人で選択することができます。それぞれに教材が用意され、購入して授業を受けることになります。
その他にも法律の専門学校などから行政書士講師の求人がある場合もあります。
いずれの場合でも、講師になるわけですから未経験や少ない経験だけの行政書士の方には無理なお仕事かもしれません。


楽天で探す
楽天市場