行政書士

行政書士は、いわば街の法律家として、市民に一番近い法律家のような存在です。仕事は主に書類作成ですが、弁護士に近い仕事も任せられるようになり、資格試験を突破するのはかなりの難しさです。資格を取得できた後の就職事情はどのようになっているのでしょうか。また、その年収は。ここでは、受験勉強に関わる過去問や、試験合格後の就職のあり方について、また行政書士の年収についても調べてみました。
  
  

行政書士試験の過去問

sponsored link

行政書士の資格はその就職口の狭き門とは裏腹に、とても人気のある資格です。それだけに様々な通信教育や学校でカリキュラムが用意されています。
そこで扱われる教材のテキストは、たいてい過去問ベースの問題と解説で構成されています。つまり過去問を、内容が身につくまでじっくり取り組むのが合格への第一歩といえるわけです。
また、中には独学で行政書士を目指す人もいます。教育機関を利用するよりはかなりの精神力を必要とするはずですが、そのような人たちを応援するという目的も含めて、ネット上などでは過去問が公開されています。もちろん書籍でも数多書店に並んでいます。そして効率の良い勉強法や解説なども載っていて、受験事情などもとてもに明確に示されています。


行政書士の就職事情

やっとの思いで行政書士試験に合格し、さてそれからどのような仕事先を見つけるか、次の難関が待っています。残念ながら、その人気とは反対に行政書士の求人数は多くはありません。一番手軽なのがネット上の検索サイトで、士業に特化した求人情報を得ることですが、これでもたくさんの求人は載っていません。職業安定所でも、行政書士に関する求人はたまに出ている程度のようです。
あとは、事務所の個々のホームページを覗いて見るなどして探すのも良いかもしれません。また、事務所のほかにも就職先としてコンサルティング会社や学校の講師などもあります。数多く求人があるわけではありませんが、探せば必ずいくつかは見つけることができます。
行政書士は、学歴などよりもその人柄が重要視されます。お客と直接接する機会が多いからです。そして細やかな対応で顧客をつかむことが必要とされています。そのため、目にとまった所で応募資格に外れない限りは臆せず採用試験に応募したほうが良いでしょう。
あとは採用試験の場で行政書士にかける意気込みを伝え、就職口を獲得するのです。

行政書士の年収

sponsored link

行政書士の年収には多い人で1,000万円以上、少ない人では300万円以下という極端な差があります。行政書士にははっきりとした独占業務がなく建設・不動産関係の許認可申請や相続関係、企業の法務と幅広くフィールドが広がっています。そのため個人の力量がそのまま収入に反映されているとも考えられるのです。
行政書士になったからには事務所の開業をしなければ・・・という言われ方もしますが、これにより年収が違ってくるからです。また、インターネットの活用によっても年収の差は生じているという説があります。行政書士などの先生方に相談したいと考える人の中には、周囲に知られずにまずは自分だけで相談したいという人もいるのです。その際にインターネットを使って、ホームページなどを開設している先生の中から、自分に合うと思われる専門性や人物の人を探して、ネット上で相談するのです。
ですから、行政書士としてどれだけ技量を持っているか、お客を得るための網をどのように張っているか、が高収入組への道といえるでしょう。


楽天で探す
楽天市場