行政書士として開業する

行政書士の資格取得者向けに開業準備のための講座が開かれていたり、ネット上で士業に関する開業ノウハウが商品として売られていたりします。その中では、開業に際して資金はどのくらい必要か、開業後に掛かる費用は、開業に適する年齢は・・・などの質問について、失敗例も含めて経験者により語られています。また、男性行政書士が圧倒的に多い世界で、特に女性行政書士にスポットを当てた成功法を見つけることもできます。ここでは、行政書士開業にはまず自宅を事務所として仕事を始めるのも手である、といったような開業ノウハウの一部をご紹介していきたいと思います。
  
  

行政書士の開業資金

sponsored link

行政書士として開業するのに必要な資金の内訳として、まず日本行政書士会連合会への登録費用があります。この登録を行わなければ行政書士としての業務を行えないのですが、金額は都道府県によって違います。例を挙げますと、登録だけで大体20万円は掛かり、ちょっとした出費になります。
登録費用以外に考えなければならない費用として実務に必要な事務用品代、通信機代、書籍代、自宅開業でなければ事務所代など
、結構いろいろな費用が挙げられます。よく行政書士は開業費用が掛からないといわれるようですが、低く見積もっても50万円くらいは掛かりそうです。机やいす、電話やファックスなど元々家にあるものを利用し、自宅開業にでもすればだいぶ抑えられると思われます。
また、先々に掛かってくる費用について、運転資金の確保は重要です。なんといっても今の時代の行政書士には自らの宣伝活動は欠かせません。その際に掛かる、ネット上や紙面での広告費が必要です。そのほかにも通信費や紙代など全て考え合わせると、最低でも100万円は運転資金として確保しておきたいところです。できることならその倍くらいはあると、まずは2〜3か月分として考えられるでしょう。


行政書士の開業準備

sponsored link

さて、行政書士としての登録も済ませ、実務に必要な事務用品や周辺機器も揃えつつ、実際何をどうしていけばよいのでしょう。スムーズな開業を目指すには、まず事務所運営のための書類作りを済ませておくのが秘訣だそうです。
具体的には、見積書、委任状、ファックスの送付状、相談受付記入表、預り証・・・などもっと他にもありますが、これらの書類を作成しておくとだいぶ楽なスタートが切れるようです。あたふたしなくて済みます。
さらに、実務に必要な許認可申請書や内容証明書のサンプルなどを予めパソコンの中に入れておくことも必要です。かなり面倒な作業であるかもしれませんが、書類作成の練習にもなると考えて進めておくと、頭に入っているので後々の実務がだいぶ楽になります。もちろん、各種申請書などはネット上でもダウンロードして取り寄せることができるので、どうしても自分で作成できなくても安心です。
こうした書類作りを進めておくだけでも、自らの営業活動にできる限りの時間を割くことができます。
また、開業前に営業活動のためのインターネットの立ち上げや勉強、広告依頼や紙面作りなどを済ませておくことも大切な準備のひとつです。
さて、書類作成がとても重要な準備であることはわかりましたが、もうひとつ重要な準備を挙げます。それは、数千種類ある行政書士業務の中からどの分野を取り扱い業務にするか決めておくことです。これなくして開業はできませんし、開業後の命運を握っているといってもいい作業でしょう。
お分かりのように、いまやインターネットを使った営業活動は当然のようになされています。その中でいかに自分の事務所に依頼をもらうかが難しいところなのですが、自分のカラーを打ち出すことで頭一つ飛び出すことができるかもしれません。つまり、他のライバルがあまり手を出していない分野の業務であり、かつ需要もそこそこ見込めるものを探すのです。
これは言ってみれば事業主として必要不可欠な考え方ですね。相当の人脈や資金でもない限り、あえて激戦区に名乗りを上げることはありません。行政書士として生き残るためには、成功者になるためには、開業前の準備として充分時間を割くべき大切な作業だと思われます。



楽天で探す
楽天市場